TEL 029-267-2191
先輩達からのメッセージ

先輩達からのメッセージ

◇樫村 未彩

・2011年4月入職 アール医療福祉専門学校 理学療法科卒
・理学療法士

仕事のやりがいは何ですか?

この仕事は他職種スタッフとの連携(情報交換等)が必要不可欠となります。
「老健おおあらい」では、介護士や看護師から、ご利用者様について相談を受けることが多々あり、中でもベッドや車椅子での良い姿勢の取り方や、ベッドから車椅子への乗移り方法、歩行時に於ける介護方法等に対してアドバイスを行っていますが、このように他職種スタッフから「必要とされている」と実感することで、やりがいを感じています。
尚、私たちも他職種スタッフからの情報が必要であることも多く、その場に応じた判断力が大切で、病院以上に様々な障害を負ったご利用者様が多いことから、仕事の幅は広く、チームワークの重要性が大切であると認識しています。

仕事の面白さは?

病院勤務の経験をもつ私ですが、「老健おおあらい」の特徴上、病院と比べご利用者様の経過を長く見ることができます。これによりご利用者様をはじめ、そのご家族様とコミュニケ―ションを図ることができ、このことで生活環境を知ることから、ご利用者様の生活により近いリハビリを提供できるため、そういった点で病院と大きく違った面白さがあります。

この仕事をやっていてよかったと思うことは?

病気や怪我をして働くことが難しくなった方や、痛みや痺れのある方が、リハビリを行うことで体が動かせるようになり、これらが軽減することで、「家での生活が楽になったよ」等と感謝の言葉を頂いた際は、「この仕事をしていて良かった」と実感できます。
老人保健施設でのリハビリは、余り機能改善が見られないと考える方も多いと思いますが、それは誤った先入観に過ぎず、実際は多くの方に機能改善がみられ、仮に「機能」自体が変わらなくても、「能力」の向上は明らかと言えるでしょう。
確かにリハビリを受ける多くの方々は、障害を負った時期から、時間が経過している為、飛躍的大きな変化が見受けられることは少ないものの、私たちがその小さな変化にいち早く気付き、ご利用者様へ知らせることによって、リハビリへの期待とモチベーションにつながり、「リハビリへ行くのが楽しみになった」「○○が出来るようになったよ」等の声を寄せられることも多く、更にご自身からチャレンジしようとする前向きな姿を見ていると、とても嬉しくなり、そのような場面に出会う度に「この仕事をやってよかった」と感じます。

就職を考えている後輩たちにアドバイスを!

医療福祉の分野は日々の勉強が必要なため、私は経験豊富な先輩方から日々学んでいます。
私たちの法人は、老健施設だけでなく、病院やクリニックも設けているため、最初は病院で勉強をしてみたいと希望する方は、病院勤務も可能です。
クリニック → 病院 → 老健施設の3ヶ所で障害時期の異なる患者様のリハビリを行えることは、臨床学的にいっても多岐に学べることから、私たち法人の自慢です。
また、協会主催の研修会をはじめ、多くの勉強会に参加することができ、その参加した内容をリハビリ科内で伝達講習を行い、情報交換を行うことでリハビリ全体での知識向上、技術向上を図っています。
「老健おおあらい」では、ご利用者様の良くなって過程だけでなく、喜ばれる笑顔、楽しまれている笑顔を見ることができるので、興味のあるみなさん、ぜひ一度、施設見学に来てみて下さい。きっと私たちと一緒に働きたくなるはずですよ!

医療法人渡辺会の各施設
  • 医療法人渡辺会
  • 大洗海岸病院
  • 大洗海岸コアクリニック
  • 介護老人保健施設おおあらい
  • 訪問介護ステーション大洗
  • 居宅介護支援センターこうよう